ファクタリングの利用で失敗しないために

subpage01

資金調達に困ったときに緊急で調達できるのがファクタリングの魅力です。


ローン以外で資金調達をしたい人に適しており、うまくいけば即日で調達できる可能性があります。
ただし一般的には3〜7日程度を要するので、資金繰りができなくなってから申し込むのではなく、資金不足に陥ると予測されるタイミングで活用するのが得策でしょう。

お手軽さが魅力のファクタリングの情報なら当サイトにお任せ下さい。

ファクタリングが活発に利用されているのはアメリカです。

日本ではまだアメリカほどは普及していませんが、その利便性の高さから利用者は着実に増えています。

お金を借入れするわけではなく、売掛金を売却する点がローンとの最大の違いです。

正確にいえば売掛金の債権を譲ることで、現金として受け取る方法になります。
借入れするわけではないので、返済を要求される心配はありません。

そのため金融機関から限界まで借入れし、もう1円も貸してもらえない企業でも利用できます。
注意点は手数料がローンより高い点で、これは貸金業法の適用にならないためです。

実際の手数料は売掛金の数%といった利率になっており、1〜30%くらいの幅があります。
手数料は安いほど好ましいですが、利用におけるハードルが上がるのはローンと同じです。
例えば1%で利用できるファクタリング会社の場合、三社間での協議を求めてくると考えてください。
売掛先を除いて交渉できる二社間サービスと異なり、売掛先にファクタリングに申し込んだことが発覚します。



ファクタリングを選ぶときは手数料に加えて、手続きが売掛先に知られてもよいか考慮しましょう。