悪質なファクタリング業者の見抜き方

subpage01

ファクタリングはビジネスを行っている上で資金を調達する一つの手段として認知されるようになってきていますが、一方で悪質な業者も多数存在していることがマスメディアなどでも伝えられているものです。


このような業者に引っかかってしまうと資金調達どころか、反対に資金を失ってしまうというリスクにさらされることになり最悪の場合には倒産することにもなりかねません。


このような状況になっている理由はファクタリングの業界団体が整備されていないことや銀行と違って比較的参入しやすく、貸金業者と違って監視の目が緩やかと言ったことが挙げられます。

ファクタリングといえばこちらです。

悪質なファクタリング業者の見抜き方は、明らかに手数料率が高いということです。

一般的な相場としては2社間では10%から30%程度で、3社間では1%から10%程度とされており、これらを超えてくると明らかに手数料を多くとっていると考えられます。



もちろん業者もリスクを取っているものですが、あえてリスクを取って売掛債権を買い取るというような業者は普通は存在しません。

特にファクタリングは債権が支払われなかった場合に補償する必要がある償還請求権が設定されていないことが前提で、償還請求権が請求設定されてなおかつ手数料が明らかに高い場合には明らかに悪質な業者と言えます。



それとお金のやり取りは銀行口座を通じて行うことになりますが、法人口座ではなく個人口座でやり取りするような場合にも悪質な業者と考えられます。理由は法人口座を作ることができないということが、銀行の信用力がないということであり、そのような業者はファクタリング業者として信用できるものではないと考えなければなりません。