ファクタリングでの資金調達のメリット

subpage01

企業の資金調達の方法には様々なものがありますが、ファクタリングは資金を調達できるまでの時間が非常に早いというメリットがあります。

ファクタリングのココだけの話をしましょう。

一般的に公的融資の場合は1か月程度、銀行融資の場合は2〜3週間ほど審査に時間がかかりますが、ファクタリングの場合は最短即日での資金調達が可能です。



そのため、早急に資金を調達しなければならない場合に最適な資金調達法と言えます。また、審査に通過しやすいのもメリットのひとつです。


ファクタリングでは、自社ではなく売掛先の企業が審査対象となるため、売掛先の信用度が高ければ多少の赤字経営や債務超過、税金の滞納などがあっても審査に通過する可能性があります。



他の資金調達で審査落ちしてしまった場合でも、ファクタリングなら十分に審査に通る可能性があるのは大きなメリットと言えるでしょう。
加えて、負債にならないというメリットもあります。ファクタリングは、売掛債権を譲渡することで資金を得る方法なので、借入のような負債にはなりません。

貸借対照表における負債が増えないので、その後に銀行などから融資を受けることになった場合でも審査に影響することが無いので、審査に通過する可能性が高まります。信用情報にも記録が残らないので、金融機関や取引先にバレる心配もありません。
その他にも、保証人や担保が不要、売掛先が倒産しても返済する義務がない、2社間取引であれば売掛先に知られることなく利用できるといったメリットもあります。